商品カテゴリ一覧 > デザイナー一覧 > ジャン・ルイ・ドメック

ジャン・ルイ・ドメック Jean Louis Domecq

ジャン・ルイ・ドメック

Jean Louis Domecq

1950年にフランスのエンジニアであるJean Louis Domecq(ジャン・ルイ・ドメック)は、当時の作業用ランプの配線がポジショニングの妨げになり断線しやすいことに注目し、アームを自由に動かしても断線の心配のないジョイント機構を備えた作業用ランプを考案しました。このアイデアはベースからシェードまで伸びる細いアームの中に配線コードを通し、ジョイント部には特殊な回転リングを使用することにより、断線させないソリューションとしてヘッドとアームが360度回転する事を可能にしました。今もなお、世界中の工場やオフィスで愛用される作業用ランプのスタンダードとなり、必要にして十分な機能とデザインによって広く支持されています。

ITEM LIST

3 件中 1-3 件表示 


3 件中 1-3 件表示